トレーディングにおける自信と過信

目安時間:約 3分
無料メルマガ|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

昨日日曜日の北朝鮮の核実験報道で
今朝の相場はリスク回避方向に窓を開けて
相場が始まりました。

 

 

今日月曜日のアメリカは祝日なのですが
ロンドン時間、それからニューヨーク時間の
値動きに注目をしていきたいですね。

 

 

それでは、今日の金言をお届けします。

 

 

 

--------------------------------------------------

 

 もし良いトレードをしたとしても、
 自分が超人的な洞察力を持っているなどと
 思ってはいけない。

 

 常に自信を持っていなくてはならないが、
 注意を怠ってはいけない。

 

 (ポール・チューダー・ジョーンズ)

 

--------------------------------------------------

 

 

 

少し連勝が続いたり、大勝ちトレードがあると
すぐに有頂天になって図に乗ってしまう。

 

 

特に相場経験が浅ければ浅いトレーダーほど
そのような傾向が強いですね。

 

 

常に相場は、上昇する可能性もあれば
下落する可能性も含んでいます。

 

 

値動きには絶対というものはなく
どれだけ高い優位性のある相場だと思っても
思惑とは反対方向に動くことは普通にありますね。

 

 

つまり、勝率が100%でないからには、
それはただの確率論の範疇にすぎません。

 

 

優位性が高いと判断をするからこそ
判断した方向へポジションを建てるわけですが
それは絶対的なものではないということですね。

 

 

勝てる自信のほうが大きいからこそ
ポジションを建てているのでしょうが
負ける可能性を常に秘めているのがトレードです。

 

 

自分自身のトレードに自信を持つことは
とても大切なことに違いありませんが
それが過信であってはいけません。

 

 

トレードだけに限定した話ではありませんが
過信は常に災いのもとになりますからね。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順