テクニカル講座~相場の壁~ VOL.1

目安時間:約 4分
FXトレーダーブログ 教材 手法 ロジック YWCトレードロジック事業部

トレーダーであれば、日々いろいろな通貨ペアのチャートや時間足のチャートをご覧になっているとは思いますが、

相場の値動きは常に上昇と下落を繰り返しております。

 

 

一方的に上がり続ける相場もなければ

一方的に下がり続ける相場もありません。

 

 

力強いトレンド相場の時でさえ、

ところどころでの調整波により

押し目や戻りを入れながら値が進行をしていきます。

 

 

以上のことは、トレーダーならば周知の事実ですね。

 

 

それではなぜ上昇や下落を繰り返すのでしょうか?

 

 

それはシンプルに考えれば
相場には至る所に壁が存在をしているからです。

 

 

壁にボールを投げてぶつけると
ボールは壁に跳ね返されてきます。

 

 

相場の値動きも似たようなもので
壁にぶつかるから値動きが
上がったり下がったりをしているのです。

 

 

トレード初心者の方は、チャートを見ても
この壁がまったく見えていません。

 

 

そのようなことから、

相場の壁は見えない壁とも呼ばれています。

 

 

ですが、ある程度の相場経験を積めば
この見えない壁が、だんだんと
見えるようになってきます。

 

 

なぜ勢いよく上がり続けていた相場が
それ以上、上昇しなくなって
値動きが停滞し始めたのか。

 

 

なぜドスンと勢いよく下落した相場が
それ以上、下がらずに下げ止まって
値動きが停滞し始めたのか。

 

 

なぜ、上昇していた相場が
急に踵を返して下落し始めたのか。

 

 

なぜ、急降下していた相場が
V字回復して勢いよく上昇し始めたのか。

 

 

つまり、このような値動きはすべて
そこに壁があるからだというわけですね。

 

 

壁とは、すなわち相場参加者のオーダー(注文)が
積み重なっているところだと説明した方が
分かりやすいでしょうかね?

 

 

それではこの壁の存在については次の記事で
もう少し詳しくお話しさせて頂きます。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順