「虎の巻(秘伝の書)」の内容暴露 その2 ~中級編VOL.6~

目安時間:約 10分
FXトレーダーブログ 教材 手法 ロジック YWCトレードロジック事業部

ゴールデンウィークが終わりましたが
本日からまた仕事もトレードも
精一杯がんばっていきたいですね。

 

 

さて、為替相場の動きですが
先週水曜日(2日)には
FOMC政策金利発表がありました。

 

※ FOMC = アメリカ連邦公開市場委員会

 

 

その時からの値動きですが、

 

本日7日(月)午前11時現在で

ユーロドル(EUR/USD)はレンジ相場、
ドル円(USD/JPY)は下落相場が続いております。

 

 

そしてユーロ円(EUR/JPY)は
その一週間前の4月25日(水)から
下落相場が続いております。

 

 

こういう値動きを見て、いつも感じることは
相場は経済指標の発表結果を見て動き出すのではなく

 

経済指標の結果予想を折り込み済みで
発表前から既に動き始めているということです。

 

 

先週水曜日(2日)のFOMC政策金利発表では
そういった値動きが如実に表れていますね。

 

 

ところで、前回までの記事では
現代版「虎の巻(秘伝の書)」の内容について
途中までお伝えさせて頂きました。

 

 

今日の記事でも、
さらに現代版「虎の巻(秘伝の書)」に
より突っ込んだ内容でお伝えさせて頂きます。

 

 

すでにお伝えしている通りで
この現代版「虎の巻(秘伝の書)」は
全部で26冊(PDF形式)に分かれております。

 

 

全26冊のうち1~6冊目までは
仕掛けや手仕舞いを判断するための具体的な方法について
豊富な画像とともに説明をしております。

 

 

そのことは前回までにお伝えしたので
今日は7冊目以降に書いてある内容を暴露します。

 

 

7冊目では、上昇トレンドや下落トレンドの判断について
実践で役に立つための突っ込んだ話をしております。

 

 

ちなみに、レポートに書いてある内容は
「安値同士と高値同士が切り上がったら上昇トレンド」などという
一般的に言われている安易すぎる判断のことではありません。

 

 

8冊目では、上昇トレンドとは定義できない上昇波動について
実践で役に立つための突っ込んだ話をしております。

 

 

そして、「エリオット波動理論」について
実践で役に立つための突っ込んだ話をしております。

 

 

9冊目では、「エリオット波動理論」を用いた
仕掛けから手仕舞いまでの具体的で再現性の高いロジック
実際のチャート画像と共に突っ込んで話をしております。

 

 

10冊目では、多くのトレーダーが
トレンド転換と判断してしまいがちな調整波動について
実践で役に立つための突っ込んだ話をしております。

 

 

11冊目では、「エリオット波動理論」と勘違いしがちな
特別的な調整波動パターンについて
実践で役に立つための突っ込んだ話をしております。

 

 

そして、相場に頻繁に出現をする「チャートパターン」について
実践で役に立つための突っ込んだ話をしております。

 

 

12冊目では、相場に頻繁に出現する「チャートパターン」について
11冊目に紹介をしたチャートパターン以外のものも含めて
実践で役に立つための突っ込んだ話をしております。

 

 

13冊目では、実際のチャート画像を用いて
どのような手順で値幅分析や時間分析を行えばよいのかを
ひとつずつ具体的に手順を解説しております。

 

 

14冊目では、13冊目に引き続き実際のチャート画像を用いて
どのような手順で値幅分析や時間分析を行えばよいのかを
ひとつずつ具体的に手順を解説しております。

 

 

そして、多くのトレーダーが
見誤った判断をしてしまいがちな相場の値動きについて
実践で役に立つための突っ込んだ話をしております。

 

 

上記のように、全26冊のうち7~14冊目までは

今の相場が買い優勢なのか、それとも売り優勢なのかを

 

見極めるための「環境認識」について

実践で役に立つための突っ込んだ話をしております。

 

 

さらに、過去から現在に至るまで
相場に頻繁に姿を現している「チャートパターン」について
実践で役に立つための突っ込んだ話をしております。

 

 

そして、これらの「環境認識」と、1~6冊目で明らかにした
仕掛けや手仕舞いを判断するための具体的な方法を合わせた
具体的なトレード手順について詳細に解説をしております。

 

 

もちろん、7~14冊目でも
豊富なチャート画像を使いながら説明をしております。

 

 

さて、本日までの記事で、
ざっと1~14冊目の内容をお伝えさせて頂きましたが、

 

もしかしたら内容が多岐に渡っているので
全体像が把握できていないかもしれませんね。

 

 

なので、現代版「虎の巻(秘伝の書)」の
1~14冊目の内容の全体像をお話します。

 

 

1冊目~6冊目では、仕掛けと手仕舞いの判断、
すなわち「戦でいうところの局地戦」について学んで頂きます。

 

 

戦は局地戦だけ強くても、
領土を拡大していくことはできません。

 

 

戦で勝利を積み重ねて領土を拡大していくためには、
天下の大勢を見て、戦略や戦術を練ることは欠かせません。

 

 

昔の中国の三国時代に生きた劉備玄徳は、
配下に関羽、張飛、趙雲という
天下無双の猛将を抱えておりました。

 

 

そのため局地戦にはめっぽう強かったのですが、
なかなか領土を広げていくことはできませんでした。

 

 

ですが、劉備はのちに
三国のうちの一国である蜀を建国しました。

 

 

天才軍師の諸葛孔明が配下に加わった時から、
それまでに欠けていた戦略や戦術というものが
兼ね備わったからです。

 

 

7~14冊目では、環境認識で相場の大勢を知り
トレードにおける戦略や戦術の部分について学んで頂きます。

 

 

そのために、相場のエッジ(優位性)を見極めるために、
トレンド相場や調整相場、優位性の高いチャートパターンについて
具体的な事例を交えながら徹底的に解説をしております。

 

 

つまり、まずは1~6冊目までで、
「局地戦」にめっぽう強くなって頂きます。

 

 

そして、次に7~14冊目で
トレード戦略やトレード戦術には欠かせない
「環境認識」にめっぽう強くなって頂きます。

 

 

それでは、現代版「虎の巻(秘伝の書)」の
15冊目からの内容につきましては
次回以降の記事で詳細にお伝えさせて頂きます。

 

 

ぜひ、次回以降の記事も
楽しみにお待ち頂ければ幸いです。

 

 

 

------
追記
------

 

4月の日本赤十字社へのクリック募金ですが
ご協力を頂きまして誠にありがとうございました。

 

※ 日本赤十字社への寄付報告はこちら

 

 

心ある方は引き続き弊社ブログ内右側にある
クリック募金バナーの日々のクリック継続支援
何卒よろしくお願い致します。

 

 

 

FXトレーダーブログ公式発行の無料メルマガ「秘密の手紙」を読んでみませんか?

長期継続的かつ安定的に稼ぐFXトレーダーになるための秘訣を、週に3回無料で配信をしています。(発行曜日は月・水・金となります。)

FXトレードに役立つ無料レポートや無料動画のプレゼントも不定期ですがございますので、こちらより無料登録をぜひともよろしくお願い致します。
FXトレーダーブログ/無料メルマガ「秘密の手紙」

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
FXトレーダーとして社会貢献を

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

「FXトレーダーブログ」運営者

FXトレーダーふぃぼなっちことYWCトレードロジック事業部の若尾 裕二

YWCトレードロジック事業部

FXトレーダーふぃぼなっち

 

⇒ お問い合わせはこちら

ブログ記事カテゴリー
ブログ内記事検索はこちら
過去記事/FXトレーダーブログ
メニュー/FXトレーダーブログ
人気記事/FXトレーダーブログ
【YWC公式】Facebookページ
【YWC公式】Twitter