損切りの徹底が勝ち組への第一歩

目安時間:約 7分
損切りの徹底が勝ち組への第一歩

僕は今までにたくさんの
投資書籍を読んできました。

 

 

もちろん、今でも
毎日読んでいるわけですが
『守り』に関する記述はとても多いです。

 

 

つまり、

 

偉大なトレーダーになるためには
『守り』への意識は欠かせない
ということです。

 

 

 

----------------------------------------

 

 私の哲学は巧みな防御なのだ。

 

 (ポール・チューダー・ジョーンズ)

 

----------------------------------------

 

 

 

僕がトレードを始めた頃は
やはり「損失」というものに
とても痛みを感じることが多かったです。

 

 

損はしたくない、、、

 

損は避けたい、、、

 

損切りはイヤだ、、、

 

 

でも、経験を積み重ねていると
必ず気付く時がきます。

 

 

それは、何に気付くのかというと
どうあがいてもトレードで損失からは
逃れることはできないということです。

 

 

であれば、受け入れるしかない、、、と。

 

 

だからと言って

もちろん、損失を喜んで
受け入れるわけではありませんが

 

そう頭で理解ができた時から
僕のトレードは変わりました。

 

 

どのように変わったのかといえば
必ず最初に決めた値位置で損切りが
ちゃんとできるようになったのです。

 

 

「え?最初に決めた値位置で損切るなんて

当たり前のことじゃないの?」

 

 

そのように思う人が多いことを願いますが
相場ではその当たり前の行為ができない人が
実際にはとても多いのです。

 

 

最初に決めた値位置で損切りできずに
ますます含み損が大きくなってしまった!

 

 

そうなってしまうと、
ますます損切りすることに躊躇して
損を切ることができなくなります。

 

 

損切りしなかったことにより
値が戻ってくることはもちろんあります。

 

 

そういう人の中では、もう二度と
同じような経験を繰り返さないように
決めた値位置で損切りしようと誓う人もいます。

 

 

でも、そのような人の人数よりも

 

「なーんだ。結局、相場って戻ってくるんだ。
じゃあ、損切りしないほうがいいよね」

 

などと思ってしまう人のほうが多いのです。

 

 

そのような人は、その後のトレードで
ますます最初に決めた値位置で損を切ることが
できなくなってしまうのです。

 

 

破綻して相場から退場する人は
大きな損失を被ってしまった人たちです。

 

 

相場で生き残り続けるためには
破綻は絶対に避けなければなりません。

 

 

すなわち、損切りを徹底しなければ
破綻リスクを軽減することはできないのです。

 

 

FXでは、含み損を抱えているうちでも
含み損を抱えているポジション分の証拠金は
拘束をされていることになります。

 

 

つまり、損を切ってさえいれば
その証拠金は解放されるわけですから

 

また新しいチャンスがあれば
ポジションを建てることは可能になります。

 

 

でも、含み損を抱えて、
そのポジション分の証拠金が拘束されていれば
新しいポジションを建てることはできません。

 

 

すなわち、そのような時は
損をしないようにするためだけに
トレードを継続しているような状態です。

 

 

だから、利益を狙うためのトレードを
しているわけではないのです。

 

 

それでしたら、最初からトレードは
仕掛けないほうがまだマシです。

 

 

なぜなら、仕掛けなければ
少なくともお金が減ることは
ありませんからね。

 

 

マイナスになってしまったものを
損をしないところに戻るまで

 

心の痛みや恐怖と戦いながら
ただ待っているよりはよほどマシです。

 

 

トレードにおいては、
「攻撃は最大の防御なり」という姿勢では
いつか相場から退場を余儀なくされます。

 

 

トレードは防御なくして勝利なし

 

ぜひ、そのことを肝に銘じて
日々のトレードに取り組むようにしてください。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順