勝ち組FXトレーダーを育成するためのブログ

 

FXは通貨の強弱で値が動くのですが

そのことを意識したトレードをしていますか?

 

 

通貨の強弱を客観的に把握して

理にかなった負けにくいトレードを

実現したい人は他にいませんか?

 

 

 強い通貨は値が上がり、弱い通貨は値が下がる

 

つい先日、弊社コンサルティング会員様より、以下のようなご質問を頂きました。

 

「通貨の強さをうまく測って、今どの通貨ペアで取引するのがベターなのか表示してくれるインジゲーターが無いかな、と思っています。

 

 複数の通貨間での強さを簡単に見つけられるインジゲーターがあれば教えてもらいたいです。

 

 何個かつかってみましたが今1つピンときたものがなく、結局は日足と4時間足のそれぞれ各通貨ペアで陰線か陽線かを見て判断しています。」

 

 

 

 

このお客様から以外にも、各通貨間の強弱の測り方については、これまでに多くのお客様からもご質問を頂いてきました。

 

FX(外国為替証拠金取引)は通貨の強弱で値が動くのですが、たくさんのトレーダーがそのことを意識せずに、日々トレードをしているのが現状なのです。

 

たとえば、米ドル(USD)/日本円(JPY)の通貨ペアでの取引の場合は、単純に日本円よりも米ドルのほうが強ければ値は上昇しますし、その逆に、米ドルよりも日本円のほうが強ければ(=日本円よりも米ドルのほうが弱ければ)値は下落します。

 

つまり、

「米ドル(USD) > 日本円(JPY)」なら上昇、
「米ドル(USD) < 日本円(JPY)」なら下落
というわけです。

 

とても単純明快ですね。

 

取引できる通貨はたくさんありますが、いまどの通貨でトレードを仕掛けたらよいのかという環境認識を行ううえでも、各通貨間の力(ちから)関係はとても重要なのです。

 

ボリンジャーバンドやMACDなどのインジケーターを勉強する前に、まずはFX(外国為替証拠金取引)の中枢でもある各通貨間の力(ちから)関係について、意識を向けることをお勧めします。

 

各通貨間の力(ちから)関係を正しく認識することは、トレードで継続的に勝ち続けるためには必須の知識になるのです。

 

 

29分59秒の動画で具体的に解説!

 

以上のようなことから、誰でも通貨の強弱を正しく認識ができるように【通貨の強弱で判断するトレード手法】について、29分59秒の動画で説明をさせて頂きました。

 

今回の動画では、単純明快なロジックですが、通貨の強弱で判断するトレード手法も収録しております。

 

この動画では、各通貨間の強弱を客観的に判断する方法を説明しておりますので、理にかなった負けにくいトレードを今後は継続をして頂けることでしょう。

 

トレードで勝つためには、高度なトレードスキルと経験が必要だと思っている人が多いのですが、決してそのようなことはございません。

 

今回収録した動画の方法で、誰でも通貨の強弱について強く意識をすることとなり、動画に収録されたトレード手法をご自身のトレードロジックと組み合わせて頂くことも可能になることでしょう。

 

「今までは通貨の強弱を強く意識することはなかったけど、それを意識することによって負けにくいトレードが実現できるようになった!」

 

ぜひともこの動画を手に入れて、実際にその驚きと感激を味わって頂くことを、心より願っております。

 

なお、動画内では無料のチャートソフトであるMT4(メタトレーダー4)を使用しております。

 

 

商品の引き渡し方法

 

29分59秒の動画を、インターネット上からダウンロードして頂きます。

 

ダウンロードして頂くファイルは圧縮したzip形式で、パスワードを設定しております。
ダウンロード後にパスワードを入力してから、解凍して頂きます。

 

解凍したフォルダ内には、avi形式での動画ファイルを納めてあります。
Windowsに付属してあるメディアプレイヤーのソフトでご覧頂くことができます。

 

 

ご注意点

 

・当トレード手法を他者へ情報提供をしないというお約束をして頂ける方以外のご購入はお控え頂きますようお願い致します。

 

・トレードはすべて自己責任です。そのためトレードで被った損害などにつきましては、当方では一切の責任を負う義務はないということをご理解頂けない方は、ご購入はお控え頂きますようお願い致します。

 

 

 

【サイト更新日】

Copyright (C) 2018 FXトレーダーブログ/YWCトレードロジック事業部公式サイト  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。