個人の意見よりも正しいのが相場

目安時間:約 5分

本日から11月に突入しましたが
今宵は日本時間2日(木)午前3時に
FOMC政策金利&声明発表が控えています。

 

※FOMC(米国連邦公開市場委員会)

 

 

そして3日(金)は文化の日で日本は祝日ですが
21時30分にアメリカ雇用統計の発表が控えています。

 

 

先週あたりから相場は全般的に
方向感に乏しい値動きとなっていますので
良い流れが出てくることを期待したいですね。

 

 

それでは、今日の金言をお届けします。

 

 

 

-----------------------------------------------------

 

 一般大衆の98パーセント以上は
 新高値に入っているものを買うのをためらう。

 

 彼らには高過ぎると見えるからだ。

 

 個人の感覚や意見よりも相場の方が正しいのだ。

 

 (ウイリアム・オニール)

 

-----------------------------------------------------

 

 

 

特に初心者に近い人ほど陥りがちなのが
目の前のチャートだけを見て
高い安いを判断してしまうことです。

 

 

5分足チャートを見て勢いよく値が吹き上がっていたら
もう高すぎて買えないと思ってしまうようなことですね。

 

 

でもそれをもっと大きな時間足チャートで見れば
高い値位置とは決して言えないことはよくあります。

 

 

高すぎるとか安すぎるというのは
主観的な判断のみであることは多いですね。

 

 

まさに今日の金言のように
個人的な感覚よりも正しいのが相場です。

 

 

相場では勝ち組よりも圧倒的に
負け組のほうが多いのは周知の事実です。

 

 

負け組のほうが圧倒的に多いということは
「一般大衆の98パーセント以上は
新高値に入っているものを買うのをためらう。」

 

 

そのようなためらいが
勝ち組に入れない原因かもしれませんね。

 

 

相場は買う人が多ければ上がりますし
売る人のほうが多ければ下がります。

 

 

ならば、買う人が多い中で買うことが出来ない。

 

 

それは、相場参加者の総意には
同意できていないということになります。

 

 

上がるには上がる原因があって
下がるには下がる原因があります。

 

 

その目の前の事実に「なぜ?」と
常に疑問を投げかけることを繰り返して
今日からチャートを眺めるようにしてくださいね。

 

 

 

------
追記
------

 

一昨日の10月30日(月)で
2017年のゴールデン・ロジック・トレード(略称GLT)の
販売は終了とさせて頂きました。

 

 

弊社は12月に創業12年目を迎えますが
創業11年目の今年はGLTの販売を通じて
多くのトレーダーの方々とリアルに出会うことが出来ました。

 

 

出会った方々は全員が
目をキラキラと輝かせていました。

 

 

本当に熱い気持ちを心に持った
素晴らしい方々ばかりでした。

 

 

期待をもってお買い上げ頂いたGLTで
期待に応える仕事は出来たとは思っています。

 

 

でも、もちろん今後もますます加速度的に
一人でも多くの人を育てたいと思っています。

 

 

GLTをご購入頂きましたすべての方々に
心から厚く御礼を申し上げます。

 

 

勝ち続ける秘訣が満載の無料ニュースレター「秘密の手紙」を読んでみませんか?

安定して勝ち続けるトレーダーになるための秘訣を、週に3回(月・水・金)無料でメールにてお届けをしています。

特別無料レポートや特別無料動画のプレゼントも不定期ですがございますので、こちらより無料メールマガジンへのご登録をぜひともよろしくお願い致します。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
裁量判断は一切不要なトレード
RAINBOW Version3.0
メルマガ読者様限定「育成塾」
カテゴリー
サイト内記事の検索はこちら
ブログ管理人

FXトレーダーふぃぼなっちことYWCトレードロジック事業部の若尾 裕二

FXトレーダーふぃぼなっち

お問い合わせはこちら

過去の記事
応援ありがとうございます!

参加ブログランキング一覧