テクニカル講座~相場の壁~ VOL.5

目安時間:約 4分

前回の記事では、

 

相場の壁は先行指標とも言うべき存在であり
ナビゲーションのような役割を果たしている
ということをお伝えしました。

 

 

今回の記事では、相場の壁の見極め方について
もう少し詳しくお伝えします。

 

 

さて、前回までの記事をお読み頂いてると

 

「壁の重要性は十分によく分かった。
だからその壁の見極め方を教えてほしい!」

 

そのように思われている方も多いのではないでしょうか?

 

 

なので、相場の壁の見極め方について
簡単にお伝えしますね。

 

 

まず最初の手順としては
上昇から下落に転じたところ。

 

 

もしくは、下落から上昇に転じたところ
水平線を引くことから始めます。

 

 

実際にチャートに引いてみれば分かるのですが
チャート上が水平線だらけになって
あらゆるところに壁が存在していることがわかります。

 

 

これは考えてみれば当然のことなのですが
同じ通貨ペアのチャートでも日足、時間足、分足などなど
時間軸が異なればチャート形状も異なるからです。

 

 

日足でトレードしている人もいれば
5分足でトレードをしている人もいるのです。

 

 

なので、同じ通貨ペアのチャートでも
あちらこちらに壁が存在するのは
当然のことだと言えるでしょう。

 

 

さて、次の手順ですが、引いた水平線の中から
何回も値動きが止められている水平線だけを残して
その他の水平線は消して下さい

 

 

これまでお伝えしてきたように
何回も値動きが止められている値位置は
多くのトレーダーが注目をしている値位置だからです。

 

 

いかがでしょうか?

 

 

重要な壁が存在している値位置が
浮かび上がってきましたか?

 

 

このように、

 

実際にチャート上に線を引いて見なければ
壁の存在は分かりにくいので
見えない壁と言われているのです。

 

 

それでは次回の記事では、
この壁の見極め方について
もう少し詳しく伝えさせて頂きます。

 

 

ご興味があれば、このブログをブックマークして

ぜひ次回の記事もお読み頂きますようお願い致します。

 

 

 

勝ち続ける秘訣が満載の無料ニュースレター「秘密の手紙」を読んでみませんか?

安定して勝ち続けるトレーダーになるための秘訣を、週に3回(月・水・金)無料でメールにてお届けをしています。

特別無料レポートや特別無料動画のプレゼントも不定期ですがございますので、こちらより無料メールマガジンへのご登録をぜひともよろしくお願い致します。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
裁量判断は一切不要なトレード
RAINBOW Version3.0
メルマガ読者様限定「育成塾」
カテゴリー
サイト内記事の検索はこちら
ブログ管理人

FXトレーダーふぃぼなっちことYWCトレードロジック事業部の若尾 裕二

FXトレーダーふぃぼなっち

お問い合わせはこちら

過去の記事
応援ありがとうございます!

参加ブログランキング一覧