FXの歴史

目安時間:約 3分

日本では1998年4月に「外国為替法」が改正されたことを契機として、FX(外国為替証拠金取引)はスタートしました。

 
それ以前の外国為替業務と言えば、免許を持った銀行などの金融機関でしか取引が認められなかったのです。

 

 

ですが、このような法律の改正も伴って、外国為替業務が広く一般に開放された事をきっかけに、FX取引(外国為替証拠金取引)を提供する会社が続々と誕生していくことになりました。

 

 

そのような背景の中で、FXは次第に注目を集めるようになり、急速にその取扱規模を拡大していったのです。

 

 

 
ところが、急激に市場が拡大することにより、悪質なFX取引会社も出始めました。

 

 

誠実にサービスを提供するFX取引会社の裏側で、顧客に過剰な売買を勧める会社や、経営の悪化に伴い顧客の資金を持ち逃げする会社など、そのような悪質行為をするような会社も実際にありました。

 
そのような悪質なFX取引会社の存在により、FX取引そのものが良くないものだと取り上げられて、マスコミに頻繁に報じられる時期もあったほどです。

 

 

当時のそのような状況を受けて、金融庁で業者を登録制にする法律の準備が進められて、2005年7月1日に改正「金融先物取引法」が施行されました。

 
その法施行によりFXを取扱う業者は改正法の規制を受け、店頭金融先物取引業者として金融庁及び財務局の監督下に置かれることになりました。

 

 

 
その後のFXに対するイメージ は、株式投資などの投資と同様でリスクはあるけれども、少額で始められる投資という認識が広まったのです。

 

 

いまでは個人に外国為替取引が解放されてから10年以上が過ぎて、FXは身近な資産運用先として、投資家以外にも多くのサラリーマンや主婦などにも人気の取引となっています。

 

 

勝ち続ける秘訣が満載の無料ニュースレター「秘密の手紙」を読んでみませんか?

安定して勝ち続けるトレーダーになるための秘訣を、週に3回(月・水・金)無料でメールにてお届けをしています。

特別無料レポートや特別無料動画のプレゼントも不定期ですがございますので、こちらより無料メールマガジンへのご登録をぜひともよろしくお願い致します。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
裁量判断は一切不要なトレード
RAINBOW Version3.0
メルマガ読者様限定「育成塾」
カテゴリー
サイト内記事の検索はこちら
ブログ管理人

FXトレーダーふぃぼなっちことYWCトレードロジック事業部の若尾 裕二

FXトレーダーふぃぼなっち

お問い合わせはこちら

過去の記事
応援ありがとうございます!

参加ブログランキング一覧