外国為替市場は24時間眠らない市場

目安時間:約 4分

FX(外国為替証拠金取引)は株式投資と異なり、土日や各国の祝日を除いて毎日24時間いつでも取引を行うことができます。
 
 
ただし、クリスマスや年末年始の休日は市場は休みとなります。
 
 
外国為替市場では、日中は仕事で忙しいサラリーマンでも、帰宅後にも市場はオープンしているので取引をすることができます。
 
 
つまり基本的に平日ならば、いつでもトレードをすることができるということですね!
 
daredemo1
 
外国為替市場とはあくまでも概念上の市場であり、通貨を取引する各国の金融機関がオンライン通信網を駆使して取引を行うバーチャル市場なのです。
 
 
つまり、株式投資のように東京証券取引所などのような取引所が実際に存在しているわけではないということです。
 
 
外国為替市場における「ニューヨーク市場」「東京市場」「ロンドン市場」などといったものは、その時間によく取引されている地域のことを表しているのです。
 
 
当然ながら、夜中よりも日中のほうが取引量は多くなるため、ニューヨークが日中の時間帯には「ニューヨーク市場」、東京が日中の時間帯には「東京市場」などと便宜上そのように表現しているのです。
 
 
世界を駆け巡る外国為替市場の1日は、日本時間の午前5時にウェリントン(ニュージーランド)に始まり、シドニー・東京・香港・シンガポール・ムンバイ・フランクフルト・チューリッヒ・ロンドンと世界50か所以上の市場を駆け巡ります。
 
 
そして、ニューヨーク市場がクローズする日本時間の翌日午前7時(サマータイム時では午前6時)に便宜上終了するということになります。
 
 
その時間で、各通貨ペアごとの為替チャートの日足の終値が確定をします。
 
 
このニューヨーク市場が終了する日本時間の翌日午前7時(夏場は午前6時)には、もう既にウェリントン市場がオープンしているので、市場が24時間途切れることなく続いていくというわけです。
 
 
市場は途切れることなく続いているということは、株式相場などと比較をすると、窓(ギャップ)は開きにくい相場だとも言えますね。
 
 
窓(ギャップ)とは、チャート上において値が飛んでいる場面を指しますが、外国為替市場は、24時間途切れることなく動いているからです。
 
gap
 
もちろん、土日は相場が休場となりますので、週明けの相場は窓(ギャップ)が開くことは頻繁に起こっていますので、窓開けがまったくないということではありません。
 
 
外国為替市場は世界の主要都市に存在していますが、その中でも特に参加者や取引量、流動性が高いということから、東京とロンドンとニューヨークの3つの市場は世界3大市場と呼ばれているのです。
 
 
以上のようなことより、外国為替市場は24時間眠らない市場と呼ばれているのです。
 
daredemo2
 
 

勝ち続ける秘訣が満載の無料ニュースレター「秘密の手紙」を読んでみませんか?

安定して勝ち続けるトレーダーになるための秘訣を、週に3回(月・水・金)無料でメールにてお届けをしています。

特別無料レポートや特別無料動画のプレゼントも不定期ですがございますので、こちらより無料メールマガジンへのご登録をぜひともよろしくお願い致します。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
裁量判断は一切不要なトレード
RAINBOW Version3.0
メルマガ読者様限定「育成塾」
カテゴリー
サイト内記事の検索はこちら
ブログ管理人

FXトレーダーふぃぼなっちことYWCトレードロジック事業部の若尾 裕二

FXトレーダーふぃぼなっち

お問い合わせはこちら

過去の記事
応援ありがとうございます!

参加ブログランキング一覧