相場が大きく反応を示す事象

目安時間:約 4分
FX ブログ 初心者

日々世界のあらゆる国々では、さまざまな経済指標が発表されています。

 

 

それらの発表された経済指標の数値を見ることによって、投資家は各国の景気動向を判断することができます。

 

 

FX(外国為替証拠金取引)トレーダーの多くは、特に主要国の経済指標の発表には注目をしています。

 

 

多くの初心者トレーダーは、発表された経済指標の数値が良ければ値が上がり、悪ければ値が下がると思っています。

 

 

ですが、実際の相場はそのように単純には動いてはくれませんね。

 

 

経済指標発表前の事前予想に対して実際の数値はどうだったのかということで、指標発表後に反応を示す場合がほとんどです。

 

 

つまり、経済指標発表前には事前予想を折り込んで相場は動いているものだと考えれば、上記の事実は納得しやすいかもしれませんね。

 

 

特に、ポジティブサプライズやネガティブサプライズと言われるほどに、事前予想値から実際の数値が掛け離れれば掛け離れるほどに、大きな値動きを見せることが多いものです。

 

 

すなわち、実際に発表された数値そのものがどうだったのかということではなく、事前予想と実際の結果を比較してどうだったのかということで相場は動く、と常に考える必要があります。

 

 

もっと端的に表現をすれば、注目をしなければいけないところは結果そのものではなく予想と事実の乖離具合だというわけですね。

 

 

また、すべての経済指標に対して為替相場は反応を見せるわけではなく、ほとんど相場の値動きに影響を及ぼさないような指標も多いです。

 

 

FXでは今は、毎月第一金曜日に発表されるアメリカ雇用統計などは、指標発表後に非常に大きな値動きを示す場合が多いですね。

 

 

そして、アメリカの経済指標に比べて、日本のほとんどの経済指標は、ほとんど相場の値動きに影響を及ぼしていないです。

 

 

そして、経済指標発表以外にも、為替相場の値動きに強い影響を及ぼすものがあります。

 

 

それは、各国の政策金利発表後や要人発言によって、大きな値動きを示すことが頻繁に起きています。

 

 

リーマンショック以降の頃は頻繁にありましたが、格付け機関の格下げニュースにも相場は大きな反応を示す場合が多いです。

 

 

もっともそれらは、いわゆるサプライズニュースなので、経済指標と同じようにトレーダーは、サプライズに対しては大きな反応を示すということですね。

 

 

なお、相場が急激な値動きを示す場合に、我々トレーダーが気を付けなければいけないことは、FX業者のスプレッドが普段よりも格段に開く場合が多いということです。

 

 

そのような場合にはレートも不安定になり、最悪の場合には決済が約定しない事態が生じることもありますので、十分に気を付けておきたいですね。

 

 

勝ち組の秘訣満載の無料FXニュースレター「秘密の手紙」を読んでみませんか?

安定して勝ち続けるFXトレーダーになるための秘訣を、週に3回(月・水・金)無料でメールにてお届けをしています。

FXに関する特別無料レポートや特別無料動画のプレゼントも不定期ですがございますので、こちらより無料FXメールマガジンへのご登録をぜひともよろしくお願い致します。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【クリック募金】で社会貢献!

 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。

過去の寄付実績

「FXブログ必勝講座」運営者

FXトレーダーふぃぼなっちことYWCトレードロジック事業部の若尾 裕二

YWCトレードロジック事業部

FXトレーダーふぃぼなっち

 

各種お問い合わせはこちらから

 

注)広告掲載依頼を頂戴しますが、
すべてお断りさせて頂いております。

ブログメニュー一覧
ブログ記事カテゴリー
サイト内記事の検索はこちら
RAINBOW Version3.0
メルマガ読者様限定「育成塾」
裁量判断は一切不要なトレード
ブログメニュー一覧
「FXブログ」人気記事ベスト5
過去の記事
ブログメニュー一覧
公式Facebookページ
公式Twitter
参加ブログランキング一覧
ブログメニュー一覧