基本的な通貨のポートフォリオ戦略

目安時間:約 4分

FX(外国為替証拠金取引)では、実際に用意した証拠金以上の資金量で取引が出来ます。

 

 

このことをレバレッジトレードと言いますが、利益が出た場合にはレバレッジを利かせている分だけ大きい金額を得ることができるわけですね。

 

 

でも、その反面で損失が出た場合にも、レバレッジを利かせている分だけ、大きな損失を出す可能性があるということになります。

 

 

ところでFXとは、各国通貨同士の為替変動を予想して利益を得ようとするものでありますが、様々な国の通貨で取引が可能になっています。

 

 

日本円(JPY)を取引すると言っても、対象となる国の通貨は様々なので、いろんな組み合わせがあるというわけですね。

 

 

たとえば米ドル(USD)との取引、ユーロ(EUR)との取引、豪ドル(AUD)との取引などなど、そういう組み合わせが他にもたくさんあります。

 

 

ですが、実際の取引を継続していく時に、特に初心者で慣れないうちは、すべて日本円絡みの通貨ペアでトレードすることは避けたほうが良いでしょう。

 

 

もし日本円が弱くなると考えて、すべての円絡みの通貨ペアで外貨買いでポジションを建てた場合に、予想に反して円が強い値動きを示した場合は、一気にすべての組み合わせで含み損を抱えることになってしまいますからね。

 

 

このように一国の通貨ばかりに資金を傾けていると、損失が出るときには一気に資金を失いかねないというリスクが生じてしまいます。

 

 

大袈裟に表現するのであれば、その国の経済情勢・政治不安などのリスクを全て背負い込むようなことになってしまう危険性をはらんでいるというわけです。

 

 

2008年のリーマンショックの時は、すべての金融商品が大暴落して大パニックになりましたが、それ以前のサブプライムローン時の米ドル安の時にも、やはりたくさんのトレーダーが大打撃を受けてしまいました。

 

 

だから慣れるまでは、極力ポジションサイズを小さくして、数少ない通貨ペアだけに限定してトレードをすることをお薦めします。

 

 

そして慣れてきたらリスクを分散させる意味でも、日本円と外貨だけでのトレードではなく、外貨と外貨の通貨ペアでもポジションを建ててみるようにしてください。

 

 

世界で一番取引されている通貨ペアは、ユーロ(EUR)と米ドル(USD)の通貨ペアであり、この通貨ペアのトレードにも、ぜひ挑戦して頂きたいと思います。

 

 

つまり大事なことは、トレードをする通貨ペアを偏らせないということです。

 

 

こういうことをポートフォリオ戦略(安全性や収益性を考えた有利な分散投資の組み合わせ戦略)と言いますが、しっかりとポートフォリオ戦略を立てて、リスクを極力抑えたトレードを今後も常に心掛けるようにしてください。

 

 

勝ち続ける秘訣が満載の無料ニュースレター「秘密の手紙」を読んでみませんか?

安定して勝ち続けるトレーダーになるための秘訣を、週に3回(月・水・金)無料でメールにてお届けをしています。

特別無料レポートや特別無料動画のプレゼントも不定期ですがございますので、こちらより無料メールマガジンへのご登録をぜひともよろしくお願い致します。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
裁量判断は一切不要なトレード
RAINBOW Version3.0
メルマガ読者様限定「育成塾」
カテゴリー
サイト内記事の検索はこちら
ブログ管理人

FXトレーダーふぃぼなっちことYWCトレードロジック事業部の若尾 裕二

FXトレーダーふぃぼなっち

お問い合わせはこちら

過去の記事
応援ありがとうございます!

参加ブログランキング一覧