レバレッジ規制について

目安時間:約 5分

2010年7月31日以前は国内のFX業者でも最大レバレッジが400倍なんていうところもありました。

 

 

でも、2010年8月1日から国内FX業者の最大レバレッジは50倍までに、そして2011年8月1日からは25倍までに規制をされて現在に至っています。

 

 

昨年2017年には、「FX(外国為替証拠金取引)の最大レバレッジは10倍までに規制を」という記事が日本経済新聞に掲載をされましたが、現時点(2018年4月15日)では、まだ特に動きはありません。

 

 

海外のFX業者は日本の金融庁の管轄外なのでレバレッジ規制は適用されず、現在でも最大レバレッジ1000倍などという業者もあります。

 

 

このレバレッジ規制には、「投資家保護」や「リスク管理の強化」「過当な投機の動きを抑える」などの役割を持たせているというのが金融庁の見解です。

 

 

レバレッジ規制に金融庁が動くことになった発端は、一部の愚かなトレーダーたちの破滅的なトレードに焦点を向けられたことです。

 

 

そして、「高いレバレッジを利用した取引に関する大きな問題点」として金融庁が動き出す結果につながったわけですね。

 

 

しかしながら、僕の個人的な意見としては、ふたつあります。

 

 

ひとつは、トレードの結果はあくまでも自己責任であるわけなので、高いレバレッジを利用して大きな損失を被ることになってしまった人は、その人自身の責任問題なので、敢えて金融庁がレバレッジ規制で締め付ける必要はないのではないか、という意見です。

 

 

そしてもうひとつは、最大レバレッジが現在の25倍もあれば十分でもあり、マスコミに言われているようなトレーダーたちに対する締め付けだとは、少しも感じていないという意見です。

 

 

「FXはハイレバレッジだからこそ魅力があったのに...」などと言う人もいますが、そもそもFXが日本に導入された当初は、レバレッジは高くても5倍程度しか掛けられませんでした。

 

 

もっとも、その後にFX業者間の顧客獲得競争が激しくなり、ハイレバレッジトレードが可能になってきたということで、一攫千金を目指し、FXトレードをする人が増えたということは、紛れもない事実なんですけどね。

 

 

そのように400倍などの高いレバレッジが掛けられるようになってから、FXに参入してきた人には、やはりレバレッジ規制後は物足りないと感じられるのでしょう。

 

 

だけど、400倍などのレバレッジでトレードするなどということは、リスクを完全に無視した一攫千金を目指したギャンブル的なトレードであることに違いはありません。

 

 

最も大切なことは、小さなレバレッジでお金を増やしていけない人が、大きなレバレッジ運用をしてもお金を増やせるわけないということです。

 

 

だから、小さなレバレッジであることを理由に儲けられないなどと思っているトレーダーは、25倍のレバレッジでも利益を上げることができる手法を一刻も早く身に付けるべきです。

 

 

-----

追伸

-----

 

以下のバナーを一日一回クリックするだけ

日本赤十字社への募金へ毎日ご協力頂けます。

 

お力添えを何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

勝ち続ける秘訣が満載の無料ニュースレター「秘密の手紙」を読んでみませんか?

安定して勝ち続けるトレーダーになるための秘訣を、週に3回(月・水・金)無料でメールにてお届けをしています。

特別無料レポートや特別無料動画のプレゼントも不定期ですがございますので、こちらより無料メールマガジンへのご登録をぜひともよろしくお願い致します。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【クリック募金】で社会貢献!

 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。

過去の寄付実績

RAINBOW Version3.0
メルマガ読者様限定「育成塾」
裁量判断は一切不要なトレード
カテゴリー
サイト内記事の検索はこちら
ブログ管理人

FXトレーダーふぃぼなっちことYWCトレードロジック事業部の若尾 裕二

FXトレーダーふぃぼなっち

お問い合わせはこちら

過去の記事
参加ブログランキング一覧