デモトレードで実際の取引の流れを体験する

目安時間:約 5分

FX(外国為替証拠金取引)のデモトレードでは、一切の資金を使わなくても、実際のトレードと同じように新規注文で新規約定を成立させて、その後に決済注文をして損益を確定させるという流れを体験することができます。

 

 
新規注文とは、その名前の通りで「新しく注文をすること」であり、「ポジションを建てる(ポジションを保有する)」ということです。

 

 
このとき一般的なトレーダーでしたら、為替相場の値動きを考慮しながら取引条件を決めることになります。

 

 

 

たとえば相場の値動きの流れに沿ったトレードを心掛けるトレードなら、「上昇気流にのっているから買い狙い」「下落気流だから売り狙い」というようなポジションスタンスになります。

 

 
そして、発注数量や利益確定のためのリミット注文(利益確定のための指値注文)、予想に反した値動きに備えるためのストップ注文(損切りのための逆指値注文)などの取引条件を決めて発注をすることになります。

 

 
為替相場の値動きについてのことや、トレードのための実際の発注方法などについては、デモトレードに取りかかる前に、でもトレードをする業者のホームページから最低限必要な知識くらいは覚えておくようにしてください。

 

 

 

実際にデモトレードでも体験してみるとお分かり頂けることですが、実際の為替の値動きというのは予想以上に早いもので、特に時間足が短くなればなるほど、目の前のチャートは目まぐるしく動くことになります。

 

 
ここら辺のことは、実際にチャート画面を見て頂かなくては分からないことだと思いますので、とにかくますはデモトレードで体験をするようにしてください。

 

 
そして新規注文が約定されると、ポジションを保有した状態となります。

 

 
買いや売りのポジションを建てた状態を「買いポジションを保有している」とか「売りポジションを保有している」と言います。

 

 
ポジションを保有して、その後に決済注文を出したときに損益が確定することになります。

 

 
決済しなければ、それは一時的な含み益や含み損であって、実現差損益とはなりません。

 

 
決済は保有しているポジションとは常に反対売買となりますので、買いでポジションを建てたなら売ることで決済となり、売りでポジションを建てたなら買うことで決済となります。

 

 
そしてポジションが決済された時点で損益が確定されることになり、その取引に掛かったコスト(注文のための手数料やスプレッド)とスワップポイント(金利差)や為替差損益のトータルで実際の損益金額が確定することになります。

 

 
なおデモトレード用の口座にある証拠金(実際の資金ではなく仮想マネー)の金額により、ポジションサイズなどの制限を受けたり、強制ロスカットの基準が決められたりするのは、実際のトレードと全く同じです。

 

 
デモトレードでは実際の資金で取引をするわけではないので、たとえ仕掛けたトレードが損失に終わってしまっても心の痛みを感じることはありません。

 

 
なので、トレードメンタルの強化にはつながりませんが、トレードスキル的なことを磨くためには有効的な手段となりますので、まだご自身のトレードに自信を持つことができない人は、ぜひデモトレードを活用するようにしてください。

 

 

勝ち続ける秘訣が満載の無料ニュースレター「秘密の手紙」を読んでみませんか?

安定して勝ち続けるトレーダーになるための秘訣を、週に3回(月・水・金)無料でメールにてお届けをしています。

特別無料レポートや特別無料動画のプレゼントも不定期ですがございますので、こちらより無料メールマガジンへのご登録をぜひともよろしくお願い致します。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
裁量判断は一切不要なトレード
RAINBOW Version3.0
メルマガ読者様限定「育成塾」
カテゴリー
サイト内記事の検索はこちら
ブログ管理人

FXトレーダーふぃぼなっちことYWCトレードロジック事業部の若尾 裕二

FXトレーダーふぃぼなっち

お問い合わせはこちら

過去の記事
応援ありがとうございます!

参加ブログランキング一覧