チャートは友達

目安時間:約 5分

僕が生まれて初めて株式相場のチャートを見た時の印象は、今でもハッキリと覚えています。

 

 

白い棒と黒い棒が左から右へと並んでいて、何を表現しているのか訳がわかりませんでした。

 

 

もちろんその時は、縦軸が価格の推移を表し、横軸が時間の推移を表しているということさえも知らなかったくらいですから、訳が分からなかったのは当然のことですね。

 

 

そんな状態ですから、その当時は、そのチャートを使っての分析で、株価が上がるか下がるかを判断するなどということは想像も出来ませんでした。

 

 

それが今ではチャートを眺めているだけで、いろいろなロウソク足のプライスアクションやチャートパターンを読み取ったり、値動きの壁を読み取ったりできるようになっているのすから、なんだか面白くもあり不思議な感覚です。

 

 

FX(外国為替証拠金取引)を始めようとしている人でも、僕が初めてチャートを見たときのように、「何だかとても難しそうだな...」と感じてしまい、腰が引けてしまう人は多いのではないでしょうか?

 

 

僕がチャートを見始めてから、もうそろそろ27年間が経過をしますが、チャートは過去の値動きを正確に記録してくれていて、今では僕にとってはトレードをするためには欠かせないものになっています。

 

 

もちろん僕たちトレーダーが利益を上げていくためには、過去の値動きではなく、これから起こる未来の値動きを当てていかなければ利益を上げることはできません。

 

 

でもテクニカル分析で値動きを予測するためには、過去のチャートから値動きの推移を読み取ることは欠かせないものです。

 

 

だから、まずは初心者にとっては「チャートに慣れる」ということは欠かせないことですね。

 

 

ロウソク足だけを刻んでいるチャートには、いろいろなテクニカル指標と呼ばれるものが表示できます。

 

 

チャート上のロウソク足に絡めて表示できる移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表といったものは、多くのトレーダーが売買判断に使っている指標でもあります。

 

 

また、ロウソク足チャートとは切り離して表示させ、ストキャスティクスやMACD、RSIなどといった指標を売買判断に用いているトレーダーも多いですね。

 

 

特に初心者トレーダーで多く見られるのは、似たようなテクニカル指標を複数用いて売買判断をしていたり、あまりにも多くの指標を重ね合わせて売買判断をしていたりすることです。

 

 

トレード経験を積んでいけば分かることですが、複数のテクニカル指標で売買判断を複雑にしたからといって、勝てる確率が上がる訳ではありません。

 

 

相場の値動きはシンプルに考えれば、上がるか、下がるか、停滞するか、の3つしかない訳ですから、売買判断も複雑にしすぎるよりも、シンプルに判断できるようになってください。

 

 

チャートと友達になるためには、やはり日々の精進は欠かせないものですからね。

 

 

------
追記
------

 

 

今日も日本赤十字社へのクリック募金へ
ぜひともご協力をよろしくお願い致します。

 

 

やって頂きたいことは、
下記のバナーをたった一回だけクリックしてもらうだけです。

 

 

 

勝ち続ける秘訣が満載の無料ニュースレター「秘密の手紙」を読んでみませんか?

安定して勝ち続けるトレーダーになるための秘訣を、週に3回(月・水・金)無料でメールにてお届けをしています。

特別無料レポートや特別無料動画のプレゼントも不定期ですがございますので、こちらより無料メールマガジンへのご登録をぜひともよろしくお願い致します。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【クリック募金】で社会貢献!

 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。

過去の寄付実績

RAINBOW Version3.0
メルマガ読者様限定「育成塾」
裁量判断は一切不要なトレード
カテゴリー
サイト内記事の検索はこちら
ブログ管理人

FXトレーダーふぃぼなっちことYWCトレードロジック事業部の若尾 裕二

FXトレーダーふぃぼなっち

お問い合わせはこちら

過去の記事
参加ブログランキング一覧